背中脱毛の方法はいろいろあります@自分やるのは難しいですが…

カミソリを使った背中脱毛

背中脱毛を行う手段としてもっともスタンダードなものはカミソリではないでしょうか?お風呂に入っているときに手軽に脱毛できます。お風呂に入って毛に水分を染み込ませたら、石鹸などをツケてスッとなぞるだけで簡単にムダ毛の処理ができます。しかしお手軽である反面、気をつけて使用しないと思わぬお肌のトラブルを呼ぶことになります。

まずカミソリでムダ毛を剃った場合、生え変わる速度が早いので剃る頻度があがります。頻繁に剃るということはカミソリの消耗も早くなります。カミソリは切れ味が落ちると肌の表面を削りとってしまうので、肌がかぶれたり傷がついたりすることがあります。切れ味の良いカミソリを使いましょう。

また背中脱毛なので、手が届くことが大前提です。身体の硬い人はストレッチして手が届くようにしなければいけませんね。硬い身体でぎこちなく背中脱毛すると、思わぬ怪我の原因になることもあります。

カミソリを使った脱毛でもっとも気をつけなければならない点は、なんども同じ所を剃らないことです。何度も同じ所を剃ると、もうムダ毛はないので皮膚を何度も削ることになります。
炎症を起こす元になりそうです。

また同じ所を何度も処理しているうちに満足してしまい、剃り残しに気がつかないことがあります。せっかく処理したのに、友達や彼氏から申し訳無さそうに指摘されると恥ずかしい思いをします。カミソリで背中脱毛した後は、保湿クリームなどをしっかり塗ってケアしましょう。

腕脱毛は夏前がおすすめです

毛抜きを使った背中脱毛

処理をするとツルツルのお肌が得られる毛抜きを使った背中脱毛、生えてくる時間もそれなりにかかるので処理の間隔は長めなことも魅力ですね。でもそれと引き換えにとっても痛いですよね。背中脱毛以外にも手の届く範囲ならある程度抜くことができます。毛抜きを使った背中脱毛にも注意点があります。

ムダ毛は抜いたとしてもまた生えてきます。カミソリで剃ると根っこを残した状態になるのですぐに生えてきますが、根本から抜く場合は次の毛が生えるまでに時間がかかるのでその間は脱毛の心配がなくなります。しかし強引に毛を抜くので毛穴が広がることがあります。

広がった毛穴は雑菌が侵入し炎症を起こす可能性があります。さらに毛穴が中途半端に塞がってしまった上に、毛が妙な方向に生えてしまう埋没毛になると大変です。

毛抜きを使う背中脱毛のコツは「毛の流れに逆らわない」ことです。毛の流れに沿って抜くことが重要で、あらかじめ皮膚を少し引っ張ります、引っ張ることで毛穴が広がり、普通よりも少ないチカラで抜けます。少ないチカラで抜けるということは痛みも軽減できます。無理に抜くと毛が切れることもあります。

毛を抜き終わった後は保冷剤や濡らしたタオルなどを使い、とにかくお肌を冷やしましょう。炎症を防止する効果と毛穴を引き締め雑菌を防ぐ効果が期待できます。冷やした後には、保湿剤をたくさん塗って肌に水分を補給します。

毛抜きを使う場合はある程度の太さが必要になるので、体毛が薄い人は毛抜きを無理に行わないほうがよいかもしれません。

サロンの方が安いと思って契約しました

ワックスやクリームを使った背中脱毛

自分で行うにしてもサロンで行うにしても、痛みがなく炎症が起きにくい背中脱毛ができることが理想ですよね。脱毛専用のワックスやクリームは痛みがほとんどないことが最大のメリットです。もちろん良いことばかりではないので、しっかりと対策を講じることが重要です。

産毛がうっすらと生えている程度の薄い体毛の人が光脱毛をすることでかえって毛が濃くなってしまう人がいます。なぜそうなるのか?はまだ完全には解明されていないようですが、一部の体質の人がそうなってしまうようです。そのような人にはスッと背中脱毛できるワックスやクリームの方が良いのかもしれません。

薬品のチカラを借りて一時的に、毛穴を広げて毛を柔らかくして、一気に脱毛できるので便利です。毛抜きのように強引に毛を抜いていないので刺激をあたえることもなく、痛みも少なく抜けます。再び生えてきた毛も濃くなったり太くなったりしにくいので嬉しいですよね。

一方デメリットも存在します。特殊な薬品が使われているので、肌に合わずにかゆみがでたり炎症を起こしたりすることがあります。店頭にテスターがある場合は少しだけ肌に塗ってみて影響がでないか試した方が無難です。高価なものだから大丈夫というわけにはいかないのでテストができるものが望ましいです。

またテストで問題がなかったものと同じ成分のものを探すということも良いと思います。テストの結果、赤くなったり痒くなったりする場合はそのワックスで背中脱毛をすることは避けましょう。

ポリピュアexで抜け毛が減ります